2009年08月10日

六角穴付きボルトの適用規格

当社の製品としては新しい部類の製品、六角穴付きボルト。
小ねじの場合は同一のJIS規格で複数の頭部形状に対応していますが、
六角穴付きボルトは形状毎に適用規格が異なり、ねじの強度も変化します。
少しややこしいので、ご使用の際は適用規格をご確認の上ご用命ください。
六角穴付きボルトシリーズ

通常の六角穴付きボルト。これはJIS B1176に準じています。強度区分はA2-70です。
六角穴付きボルト

次に座金組込み六角穴付きボルト。これは対応するJIS規格がありません。
当社では座金組込み小ねじ(JIS B1188)の旧規格に準じた仕様で製造しています。
強度区分はA2-70に基きます。
座金組込み六角穴付きボルト

六角穴付きボタンボルト。JIS B1174とSSS規格の2種類が流通しています。
SSS規格は日本ソケットスクリュー工業協同組合の団体規格です。
当社では形状はJIS B1174、強度区分はJIS B1054-1のA2-50に準じて製造しています。
六角穴付きボタンボルト

最後に六角穴付き皿ボルト。こちらもJIS B1194とSSS規格と2種類ありますが、
当社では形状はJIS B1194、強度区分はJIS B1054-1のA2-50に準じて製造しています。
六角穴付き皿ボルト


ご要望により標準以外の製造も承っております。
例えば、通常の六角穴付きボルトは強度区分A2-70が適用されますが、
A2-80またはそれ以上の強度で製造することも可能です。
ボタン、皿ボルトも同様にA2-70、A2-80でも製造することができます。
その他、ヘクサロビュラなどの特殊リセス、座金組込みを新JIS仕様で作るなど、
何なりとご相談ください。


posted by 興津螺旋 at 15:47| Comment(0) | 当社製品の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。