2018年02月09日

チタンボルトは危険なのか

サイクリストの間でもチタンボルトが話題に上がるようになってきた昨今、
当社の他にも自転車用チタンボルトに参入する業者さんが出てきた一方で、
安価なチタンボルトも出回っているようです。
中には不適切な製品もあるようで、ボルトが折れたという話も耳にします。
品質、性能にこだわってチタンボルトを供給してきた私たちにとって、
チタンボルト全体が危険だと認識されることは残念でなりません。
既にチタンボルトユーザーの方、これから使ってみたいと思っている方には気になるところだと思いますので、当社の考えを述べたいと思います。





当社が展示会やイベントに出展していると、「ベータチタニウムさんですか?」と聞かれることがあります。SNSなどでも「興津螺旋はベータチタニウムのボルトを作っているのか」という記述を見かけます。興津螺旋とベータチタニウムは別物なのですが、どうしてこのような誤解が生まれるのかというと、以下のような事情があると思います。

現在、自転車業界における国産チタンボルトのメジャーブランドとしては、
興津螺旋(当社)と日本特殊螺旋工業さんの2社がよく知られていると思います。
興津螺旋はもともとステンレスねじのトップメーカーですが、2005年にβチタン合金の加工技術を確立し、競技用チタン合金ボルトシリーズとして展開しています。
一方、日本特殊螺旋工業さん(以下、特殊螺旋)は株式会社ベータチタニウムという社名を改名して今の社名になりました。現在「ベータチタニウム」は特殊螺旋さんのブランド名として使用されています。ほぼ近い価格帯で販売している両社のチタンボルトですが、両製品に使われる素材と加工技術は同一ではありません。

一般に(チタン製ねじが一般かどうかという議論は置いておいて)、ねじ屋さんや工具屋さんで扱っているチタンねじ・ボルトの素材は大部分がTi2(純チタン2種)です。
ただし純チタンでは強度が低く(Ti2で340MPa)、これを自転車の組み立てに使用するのは危険です。強度を要求するとチタン合金を選択することになりますが、チタン合金にもたくさんの種類があります。

チタン合金は、α合金、β合金、α+β合金の大きく3系統に分類されます。
興津螺旋が採用するβ153(Ti15-3-3-3)はβ合金に属します。
ワイヤー状の素材を冷間圧造(頭部)+転造(ねじ部)という技術で加工します。
β合金はβチタンやβチタン合金と呼ばれることもあります。

特殊螺旋さんが採用する64チタン(Ti6-4)はα+β合金に属します。
棒材からNC切削+転造(熱間鍛造+NC切削+転造のものもある)で加工します。
β合金を使用していなくても、ブランド名はベータチタニウムです。

切削加工を得意とする特殊螺旋さんは、900MPaを超える高強度かつ切削に適した64チタンを選定、それに対して塑性加工を得意とする興津螺旋は、絶対的な強度は830MPa程度と64には及ばないものの、耐衝撃性とじん性に優れたβ153を採用し、加工による強度低下の心配がない冷間圧造技術で加工、どちらも他社が容易に真似できないユニークなチタン合金ボルトを世に出すに至りました。両製品を使い比べて微妙にフィーリングが異なると感じたとしたら、こういう違いに起因しているかも知れません。

興津螺旋のボルトの材料はβチタンなので製品はβチタン合金ボルトです。特殊螺旋さんの方はβチタンではありませんがブランド名はベータチタニウムです。
記事を書いていても混乱しそうですが、これが興津螺旋と日本特殊螺旋工業、βチタン合金ボルトとベータチタニウムブランドを混同する原因だと思います。

私自身、特殊螺旋さんを「ベータさん」なんて言ったりしていましたが、今後はやめようと思います。特殊螺旋さんもまた紛らわしい社名になったものです。ひょっとして当社のことが好きなのでしょうか。念のため、うちは興津螺旋です。





続いて、折損や焼き付きのトラブルについて。
自転車のねじが走行中に折損となると、大事故に繋がりかねません。
お客様の多くはお店で売っているものなら大丈夫と信用してボルトを購入するでしょう。しかしチタンボルトに関しては、サイクルショップさんでも正しい知識があるところとそうでないところがあります。

試しに、お店で聞いてみてください。「そのチタンボルトの素材は何ですか?」「強度はどのくらいですか?」など。答えられない場合は要注意かもしれません。

安価なボルトの中には純チタン製や、ハーフチタンと呼ばれるTi3-2.5合金製のもの、64チタンでも原産国や素材メーカーが特定できないもの(偽チタン)などがあります。また、あってはいけないことですがサードパーティーから発売しているステムなどのパーツに付属するチタンボルトの中にも不適切なものが存在するのが実情です。

それから焼き付き現象については、ショップさんによってはグリスで対応するところもあるみたいですが、興津螺旋のチタン合金ボルトは原則としてグリス不要です。
自転車業界ではグリスを塗るという習慣が浸透しているようですが、一般機械の組み立てにおいてねじの締結に潤滑油を塗布することはありません。軸力が上がって部品やボルトの破損に繋がる危険があるからです。確かにチタンは焼き付きやすい素材といわれていますが、ねじ山がキチンと加工されたものはそう簡単に焼き付かないのです。

当社のボルトは、熟練した技能員が転造加工でねじ山を成形し、そのあとに機械研磨を施してねじ表面を仕上げています。ねじメーカーとしては当たり前のことですが、リングゲージによる検査もしています。機械加工の挽き目が残った部品はパッと見ではかっこよく見えるかもしれませんが、雌ねじとのはめ合いが少しでも悪いと焼き付きの原因になります。良いチタンボルトはそれなりにコストがかかるものなのです。

と、ここまで申し上げてきましたが、チタンボルトに大切なポイントは以下の4点だと思います。
1.ボルトメーカーの素性が確かなこと
2.素材が明確なこと、強度が保証された良質の素材であること
3.加工技術が確かなこと
4.化学研磨、機械研磨、電解研磨などにより表面を仕上げてあること

そして使用する上で大切なポイントも4点。
A.パーツにあったサイズのボルトを選択すること
B.パーツにねじ締めの指定トルクがある場合はそれに従うこと
C.正しい工具を使用すること
D.時々取り外して点検すること

チタンボルトは決して安い買い物ではありません。
お客様が納得できる安全な製品をお使いいただく参考になれば幸いです。

最後に、蛇足ですが念のため。
チタンとチタニウムは同じです。アルミとアルミニウムの関係と同じです。
もう一つ申し上げておくと、英語ではチタニウムとは呼びません。
カタカナで書くと「タイタニアム」に近い発音です。

興津螺旋のβチタン合金ボルトをよろしくお願いいたします。


posted by 興津螺旋 at 09:00| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

サイクルモード2017

いよいよ今年もサイクルモードの時期が近づいてきました。今年も出展します。
CYCLE MODE international 2017


日時 : 2017年11/3(金)〜5(日)
    11月3日 11:00〜18:00
    11月4日 10:00〜18:00
    11月5日 10:00〜17:00

会場 : 幕張メッセ 展示ホール1〜4

小間番号 3-45
WEBサイト : http://www.cyclemode.net/

競技用チタン合金ボルトの展示及び、チタン合金ボルト装着の試乗車を用意します。
この機会にチタン合金ボルトの違いをお試しください。
cycle.jpg

皆様とお会いできるのを楽しみにしています!
posted by 興津螺旋 at 12:03| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こどもお仕事体験広場

先週末は当社が所属する清水法人会主催の「こどもお仕事体験広場」に出展しました。清水駅前の「静岡市こどもクリエイティブタウンま・あ・る」さまと共同で毎年1回開かれます。ハローワークでお仕事の紹介を受け、お仕事を体験したら給料をもらい、納税して買い物までできるという体験型の学習イベントです。


いつもは「ねじ工場」のお仕事を担当しますが、今回はねじを使って木工作をする「クラフトショップ」というお仕事を企画してみました。

これはいつもの「ねじ工場」ですね。手廻しでチタンねじを作り、発色します。
ねじ工場

クラフトショップはこちら。当社製のステンレス木ねじと木材で工作をしました。
親切なおねえさんとおじさんの手助けにより作っていきます。
クラフトショップ

こんな感じでスマホスタンドや鉛筆立てができます。絵を描くと雰囲気が出ますね。
見本

多くの子供たちが来場して楽しんでくれました。
今回は「納税」について考えてもらうというテーマでした。
ちょっと難しかったかな・・・。
posted by 興津螺旋 at 11:42| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

神戸製鋼所の不適合材料について

このたび株式会社神戸製鋼所およびグループ会社における不適切行為により、お得意先様にはご心配をおかけしております。
弊社の製造するねじ製品及び外部調達製品について材料の調達状況および品質状況を確認いたしました結果、すべての製品について心配なくご使用いただけることがわかりましたので報告させていただきます。詳細については以下をご参照願います。

1.炭素鋼線、合金鋼線
弊社が調達する炭素鋼線、合金鋼線の一部に神戸製鋼所製母材を使用しておりますが、同社発行の10月16日付緊急点検結果により弊社向材料の品質については問題がなくそれを保証するとのことです。

2.チタン線
弊社が調達するチタン線の一部は神戸製鋼所グループ会社から供給を受けておりますが、適切に管理されていることを確認いたしました。

3.ステンレス鋼線
神戸製鋼所のリリース記事(10月13日付)に掲載されております「神鋼鋼線ステンレス株式会社」の不適合製品は、昨年6月に発覚したばね用鋼線のことであり、ねじ用鋼線はこれに該当しません。

4.外部調達製品
弊社が外部より調達するねじ製品について調達先に確認した結果、神戸製鋼所製材料の使用はありませんでした。

以上
posted by 興津螺旋 at 09:43| 静岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

元気!しずおか人のバックナンバーでねじガールを見られます。

毎週日曜日に静岡放送で放送している「元気!しずおか人」という番組があります。
6月25日の放送で当社のねじガールを紹介していただいたのですが、
バックナンバーがアップされているので静岡県外の方でも見られます。
放送を見逃した方、こちらからご覧ください。


元気!しずおか人 ねじガール
http://www.at-s.com/sbstv/program/genki-shizuokajin/2017/06/2017625.html


YouTubeはこちら 2017年6月25日放送分



2年前の放送はこちらです 2015年1月11日放送分




その1週間前の放送は、3代目板金屋で有名なお友達の山崎製作所さんでした。
こちらもご覧いただけると嬉しいです。



ねじガール
posted by 興津螺旋 at 14:34| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すごいぞ!静岡 ワークショップ出展

7月22日は「静岡科学館るくる」にて当社のワークショップを出展しました。
昨年出展したのが好評だったということで、また声がかかりました。

会場入口は開始の1時間以上前から行列になりました。
開始前

はじめにねじの製造工程やワークショップの説明をしています。
概要説明

手廻しでチタンねじを加工。小さい子供の力ではむずかしいかな・・・
手廻し転造

ねじ加工の次は色付け。電解液の中でみるみるうちに発色していきます。
陽極酸化処理

そして仕上げにレーザー刻印。1秒足らずのうちに好きな文字を入れられます。
レーザー刻印

できあがり。
できあがり

当社の製品を興味深く見てくれる子供たち。
サンプルケース

昨年を上回る、200人以上のお客様が来てくださいました。
出展している私たちもたくさんの子どもたちの笑顔と出会えて幸せな時間を過ごせました。るくるさんから次も是非・・・という嬉しいお言葉をいただけましたので、また来年もお会いしましょう。
ねじガール
posted by 興津螺旋 at 11:04| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山本大臣が当社を視察

7月21日、山本幸三地方創生担当大臣が来社してくださいました。プロフェッショナル人材(大企業OBの活用)、ねじガールの活躍を視察するのが目的です。
初めに会議室で概要説明およびねじガールたちとの懇談。
山本大臣

そして工場に移動。
山本大臣

実際にねじガールが働く職場で、製品や設備を見学。
暑い中、熱心に視察していただきました。
ねじガール

最後は記念撮影まで、ありがとうございます。
集合写真

ねじガールに会いに、大臣がわざわざ来て下さるとは感激です。
今後もねじガール、ねじボーイともに頑張っていきます。
posted by 興津螺旋 at 10:32| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

テレビ出演のお知らせ(静岡限定)

SBSテレビの「元気!しずおか人」に当社のねじガールが出演します。

2015年1月に放送した当番組で初めて取り上げていただいて以来、
当社のねじガールが徐々に知れ渡っていきました。
今回は、あれから2年たって、ねじガールがどう成長しているのかを
放送していただけるのではないかと予想しております。
静岡のみなさま、ぜひご視聴ください。

<放送局>SBSテレビ(静岡放送)

<番組名>元気!しずおか人

<放送日時>6月25日(日) 13:54〜14:00

前回放送はこちら
http://www.at-s.com/sbstv/program/genki-shizuokajin/2015/01/2015111.html


posted by 興津螺旋 at 08:56| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

展示会出展のご案内

展示会出展のお知らせです。
ねじ業界ではおなじみの「機械要素技術展」に初めて出展します。


出展概要
第21回 機械要素技術展 M-Tech

日時 2017年6月21日(水)〜23日(金)
   10:00〜18:00(23日のみ17:00終了)

会場 東京ビッグサイト 東3ホール

小間番号 24-34


今回の見どころは以下の通りです。

1.レアメタル製品(チタン合金、ニッケル合金ボルト)
難加工素材を圧造成形します。
チタン合金ボルト

ニッケル合金ボルト

2.樹脂ファスナー
プラスチック部品は金型不要の切削加工で極小ロットからのオーダーに対応します。
樹脂ファスナー

3.複雑形状、二次加工、特殊リセス
ステンレス、合金鋼、鋼素材はお客様ごとの個別対応品を展示します。
圧造加工は4工程→3工程、3工程→2工程などの工程短縮を得意としています。
ロット数に応じてよりコストメリットが出るよう、二次加工も提案します。
そしてちょっと変わったところでは、10.9ボルトを超える強度を持つ
高強度ステンレスボルト「C1-110」ボルトもあります。
二次加工

特殊リセス

C1-110ボルト

皆様のご来場をお待ちしております。
posted by 興津螺旋 at 15:42| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

工場視察団

先週、今週は弊社としては大規模な工場視察を受け入れました。
先週は「男女が共に創るしずおか議員連盟」という静岡県議会議員さんの会でした。
ねじガールの話を熱心に聞く議員の先生方。
県議会議員連盟1

重い荷物を軽々と運搬できるバランサーを体験していただきました。
県議会議員連盟2

そして今週は、「参議院経済産業委員会」の先生方がお越しくださいました。
参議院議員の先生方に加え、関東経済産業局、静岡商工会議所からもご参加です。
会社のプレゼン後、工場を見学していただきました。
参議院1

質疑応答の時間が足りなくなるほど多くの質問、意見をいただき、最後は記念撮影。
参議院2

静岡、そして日本の産業界のために超党派で活動している議員さんの勉強会があることを、恥ずかしながら今ごろになって知りました。また、貴重なお時間を使って視察先に当社を選んだくださいましたことに心から感謝いたします。
posted by 興津螺旋 at 09:48| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする